庭、ガーデンリフォーム、外構工事の施工例

外構リフォームで機能×目隠し×モダンに 白井市M邸

カーポートの新設に伴い、車庫と門周り全体のリフォームをされる事に。車庫は段差を無くしてより使い易く、あまり使っていないお庭の一部分はサイクルポートに変更、その手前には目隠しとして空洞ブロックと門袖を設置。機能性を充実させつつ、木調角柱などでプライバシーをさり気なく確保。現代的なデザインかつ、普段使いし易くリフォームしました。LIXILエクステリアコンテスト2016、エクステリアリフォーム部門で入賞しています

門袖と空洞ブロックで自転車置場を目隠し

=門袖ブロックで自転車置場を目隠し=

1.既存の門柱や床材を全て撤去、勾配のある車庫とアプローチは掘削してフラットに。

2.車庫はカーポート「アーキフラン」を設置。柱の奥は縁石で一段高くして車止め兼勝手口側への通路に。床はコンクリートと以前使用していたレンガを再利用して目地とアクセントに。

3.ポーチ部分には化粧ブロックと樹脂舗装で仕上げた階段を新たに追加。階段脇には夜用のポールライトを新設。

4.アプローチ脇にはベージュのウォールとナチュラルな石材の笠木を使った門袖を設置。隣には空洞ブロックのウォールで自転車置場の目隠しに。門袖の前には常緑のを中心とした植栽とポールライトを設置して華やかさをプラス。裏側にはサイクルポート「アーキフィットミニ」を設置。

5.庭側はアプローチの境界に化粧ブロックと木調角柱を設置して目隠し。既存の傷んだ天然木のウッドデッキは人工木材ウッドデッキ「樹ら楽ステージ」にチェンジ。

  • 施工前の外構

    施工前の外構全体の様子。玄関まではかなり勾配があり、増えた自転車の置き場に困るなど、使い勝手もイマイチでした。

  • 外構全体をリフォームした後

    階段を増設して車庫はフラットに。お庭を一部減らして自転車置場を新設。リフォーム後の外構全体の様子。

  • サイクルポート「アーキフィットミニ」

    自転車置場スペース。手前の門袖と空洞ブロックで正面からは自転車はほぼ見えません。奥にはサイクルポート「アーキフィットミニ」を設置。

  • 空洞ブロックと植栽に囲まれた照明

    門袖脇に設置した空洞ブロック。光や風を通しつつ、さりげなく自転車置場を隠します。手前には常緑を中心とした植栽とポールライトを。

  • さりげなく目隠しされた庭と外構

    道路側からの外構全体の様子。庭側は木調角柱で、自転車置場は空洞ブロックでさりげなく目隠し。

  • カーポート「アーキフランワイド」

    スタイリッシュなカーポート「アーキフランワイド」。柱が2本なのでスペースを広々と使用出来ます。車庫入れも楽々。

  • 人工木材ウッドデッキ「樹ら楽ステージ」

    以前庭側に設置してあった木製ウッドデッキに代わり、人工木材のウッドデッキ「樹ら楽ステージ」を設置。ローメンテナンスで色褪せ等もほとんど無いのでデイリー使いにピッタリ!!。

  • 玄関へのアプローチとポールライト

    庭のデッキ前は土留めブロックと木調角柱の目隠しを設置。玄関前に増設した階段脇にも照明を設置。

  • 樹脂舗装の階段とレンガ敷きの車庫入口

    上写真/土留めと同じ化粧ブロックの縁取りと樹脂舗装の階段。下写真/車庫の入口と目地にはレンガを敷き詰めてアクセントに。

  • 門袖後ろの自転車置場と水栓

    門袖裏側の自転車置場。こちら側には機能性を考えてコンセントや水栓を設置。洗車などに際にとても便利です。